×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

包茎百科

〜包茎の種類対処法をご紹介〜
 
HOMEリンク集お問合せ先利用規約

■ 包茎について
・包茎とは?
・包茎のマイナス面
・包茎を悪化させる原因
■ 包茎の種類
・仮性(かせい)包茎
・嵌頓(かんとん)包茎
・真性(しんせい)包茎
■ 包茎の知識
・包茎Q&A
・包茎用語集
■ 包茎の治療法
・自分で出来る改善法
・器具を使う矯正法
・手術で治す方法
トップページ > 器具を使った矯正法

 器具を使った矯正法

軽度の仮性包茎・軽度の真性包茎であれば包茎専用の器具を使うことで包皮を反転させた状態を保つ事や包皮輪を広げる事で仮性包茎・真性包茎を矯正できます。

これらの包茎矯正法にはいくつか種類がありますが 包茎矯正グッズの草分け的存在である包茎専門ショップ「ツルマキ」さんのグッズを紹介します。

仮性包茎矯正グッズ「カセー君」を使う方法

仮性包茎矯正グッズは軽度の仮性包茎を改善する方法です。

包皮を剥いてもすぐに被ってしまう包皮を専用のベルトを使って亀頭冠の部分や陰茎の根本で止め続けることによって亀頭が露出した状態の癖をつけて仮性包茎を矯正します。 包皮を反転させた状態を長期に保つ事によって仮性包茎が改善されます。

これまで広く使われていたリングタイプの矯正グッズと違いベルト状なので個人のサイズに調整することができるので、すぐに外れてしまうような トラブルもなく汗も吸収しムレを防ぎ肌に触れる素材はスポンジ樹脂なので体に優しく効果的に仮性包茎を矯正できます。この矯正グッズ「カセー君」を1ヶ月継続して使用することで仮性包茎が改善が期待できるとのこと。

真性包茎矯正器具「キトー君DX」を使う方法

真性包茎の原因は包皮輪の狭さが一因となります。 この真性包茎の原因である狭い包皮輪を広げる事で真性包茎を改善することができます。 この包茎矯正器具「キトー君DX」はこの包皮輪を2週間かけて少しづつ 伸ばし真性包茎を改善させます。包皮輪がまだ狭い状態で包皮を露出させたままにしておくと 嵌頓(かんとん)包茎になる危険性があるので勃起時に痛みが無くなるほど十分に包皮輪が伸びるまでは包皮は被せておいた方が良いです。

包茎矯正器具は包茎手術と違い手術跡や性感の低下や高額な治療費などの問題も無く自然に真性包茎を改善させることができるので 非常に便利です。ただし真性包茎であっても亀頭が包皮に癒着してしまっているタイプの真性包茎は包皮輪を広げても 包皮が反転せず真性包茎が改善しないので効果はありません。

包茎矯正下着ビガーパンツを使う方法

Copyright (C) houkei-hyakka All Rights Reserved.