×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

包茎百科

〜包茎の種類対処法をご紹介〜
 
HOMEリンク集お問合せ先利用規約

■ 包茎について
・包茎とは?
・包茎のマイナス面
・包茎を悪化させる原因
■ 包茎の種類
・仮性(かせい)包茎
・嵌頓(かんとん)包茎
・真性(しんせい)包茎
■ 包茎の知識
・包茎Q&A
・包茎用語集
■ 包茎の治療法
・自分で出来る改善法
・器具を使う矯正法
・手術で治す方法
トップページ > 真性包茎

 真性包茎

真性包茎とは包皮の先端部である包皮輪が狭過ぎるために亀頭が露出しない、又は包皮と亀頭の癒着により包皮が完全に亀頭を覆ってしまっている状態をいいます。 仮性包茎は勃起時や手で亀頭を露出することが可能ですが真性包茎は亀頭を露出する事自体不可能です。

包皮輪が狭いのにも関わらず、無理に亀頭を露出させてしまうと包皮輪が輪ゴムのように亀頭を締め付け包皮が酷く腫れてしまうかんとん包茎になってしまうので、自己判断でむやみに包皮を反転させず最寄のクリニックに相談しましょう。

真性包茎の原因

新生児や幼児の大半は真性包茎ですが、第二次性徴期に勃起を繰り返す内に包皮輪が広がることで真性包茎の多くは年齢とともに自然治癒すると言われています。しかし、第二次性徴期に包皮輪が十分に伸びなかったケースでは、成人しても幼少期同様に包皮輪が狭いために亀頭が露出しない真性包茎になってしまいます。

18歳を過ぎても真性包茎が改善しないケースでは統計的に陰茎ガンの原因になる可能性があるので早めに専門医で治療を受けた方が良いでしょう。

真性包茎の保険適用

真性包茎の保険適用は仮性包茎と違い必ず保険が適用されると思って間違いありません。仮性包茎の場合は勃起時に自然と包皮が反転する事が可能であったり、手で容易に包皮の反転が可能であったりと生殖行為自体に問題がありませんが、真性包茎では勃起時に痛みや、余った包皮でパートナーの性器を傷つけてしまうなど問題も多いために保険は適用されます。

包皮と亀頭が癒着してしまっているような重度の真性包茎では矯正器具で治す事も不可能なので、保険も適用され安価な料金で治療する事ができるので、最寄のクリニックに相談し真性包茎の治療を受けましょう。

Copyright (C) houkei-hyakka All Rights Reserved.